NOSAI制度のご案内

畑作物共済

安心のネットワーク NOSAI

大豆が自然災害や病虫害、鳥獣害、火災により減収したときに共済金を支払います。

加入対象となるのは

大豆を5アール以上栽培する農家が加入できます。
なお加入にあたっては個々の農家のほか、一定の要件を備えた農業生産組織もその生産組織単位で加入できます。

加入は

一筆方式 3割支払開始損害割合・7割補償
半相殺方式 2割支払開始損害割合・8割補償
全相殺方式 1割支払開始損害割合・9割補償

加入方式の比較

項目 一筆方式 半相殺方式 全相殺方式
加入資格 大豆を5a以上栽培する農家 大豆を5a以上栽培する農家 大豆を5a以上栽培し、過去5年間等の出荷量が得られる農家
基準単収 耕地条件、管理状況等を参酌して設定 耕地条件、管理状況等を参酌して設定 過去5年間の出荷量を基に設定
(耕地ごとの平年単収) (耕地ごとの平年単収) (過去5年間等の平年単収)
基準収穫量 耕地ごとの
基準単収×引受面積
耕地ごとの
基準単収×引受面積
農家ごとの
平年単収×引受面積の合計
引受収量 耕地一筆ごとに基準収穫量の7割 農家ごとの基準収穫量の8割 農家ごとの基準収穫量の9割
共済掛金率 例 15.1% 例 16.2% 例19.4%
農家負担掛金
(10a当たり)
例 基準単収170kgの場合
約1,200円
例 基準単収170kgの場合
約1,470円
例 出荷平均単収170kgの場合 約1,980円
損害評価 被害申告のあった耕地一筆ごとに検見及び実測調査 被害申告のあった耕地一筆ごとに検見及び実測調査 農協への出荷量調査

補償期間は

発芽期(移植する場合にあっては移植期)から収穫期までの期間。
農家ごとに基準収穫量の7から9割が共済の補償する限度となります。

掛金は

国が掛金の半分以上を負担していますので、農家掛金が軽減されています。
掛金=共済金額(補償額)×掛金率
国庫負担=掛金×国庫負担割合(55%)
農家掛金=掛金―国庫負担

対象となる被害は

全ての自然災害による災害、火災、病虫害、鳥獣害です。

共済金

共済事故によって基準となる収量に対して加入時に農家が選択した損害割合を超える被害が生じた場合、共済金の支払い対象となります

ページトップ