NOSAI制度のご案内

果樹共済

安心のネットワーク NOSAI

自然災害や病害虫などにより減収したとき、その被害程度に応じて共済金を支払います。

加入対象となるのは

りんご、ぶどう、なし、かきを栽培している農家で方式別の基準を満たす場合加入できます。

加入は

減収総合一般方式(一般方式・短縮方式)、樹体共済

類区分ごとに5アール以上の果樹栽培農家が加入できます。

特定危険方式

類区分ごとに5アール以上、栽培面積が20アール以上、かつ栽培経験が5年以上の栽培農家が加入できます。


半相殺方式
若しくは
樹園地単位方式
減収総合方式 一般方式 果実の減収による損害を共済の対象とする収穫共済のうち、短縮方式以外の収穫共済
短縮方式 特定収穫共済の共済目的の種類等に係る果樹等につき主務大臣が定める期間の果実の減収による損害を対象
特定危険方式 減収暴風雨方式 最大風速13.9メートル毎秒以上の暴風雨又は最大瞬間風速20.0メートル毎秒以上の暴風雨による果実の減収による損害のみを共済の対象とする収穫共済
減収ひょう害方式 降ひょうによる果実の減収による損害のみを共済の対象とする収穫共済
減収凍霜害方式 凍傷又は降霜による果実の減収による損害のみを共済の対象とする収穫共済
減収暴風雨
ひょう害方式
暴風雨又は降ひょうによる果実の滅収による損害のみを共済の対象とする収穫共済
減収暴風雨
ひょう害
凍霜害方式
暴風雨、降ひょう又は凍傷若しくは降霜による果実の減収による損害のみを共済の対象とする収穫共済
 樹体共済 上記の災害による樹体の枯死、流失、滅失、埋没及び損傷

共済責任期間は

減収総合一般方式

花芽の形成期からその花芽による果実の収穫が終わるまでの期間(約1年半)

減収総合短縮方式・特定危険方式

発芽期からその果実の収穫が終わるまでの期間(約8ヶ月)

樹体共済

りんご・なし・かき:7月 1日から1年間
     ぶどう:5月10日から1年間

補償内容は

共済金額(補償額)

共済金額=果実1キログラムあたり価額×標準収穫量×付保割合(補償割合)
共済金額とは、全滅した場合に支払われる最高限度額です。

共済金支払対象(補償範囲)

樹園地単位方式 半相殺方式 樹体共済 
特定危険方式 減収総合方式 特定危険方式 減収総合方式
7割補償
3割支払開始
損害割合
6割補償
4割支払開始
損害割合
8割補償
2割支払開始
損害割合
7割補償
3割支払開始
損害割合
 損害額が共済価額の1割または10万円を超える場合

掛金

掛金の半分は国が負担しています。また防災施設を設置した場合は、施設の種類によりそれぞれの掛金が割引され、農家負担が軽減されます。

対象となる災害

減収総合一般・短縮方式

すべての自然災害、病虫害、鳥獣害、火災、地震、噴火、地すべり等による果実の減収を対象としています。

特定危険方式

最大風速13.9m/秒以上、または最大瞬間風速20.0m/秒以上の暴風雨と降ひょう、または凍傷もしくは降霜による果実の減収を対象とします。

樹体共済

すべての自然災害、病虫害、鳥獣害、火災、地震、噴火、地すべり等による樹体の枯死、流失、減失、埋没、損傷を対象としています。

共済金

収穫共済

共済金=共済金額×支払割合
類ごとに共済金をお支払いしています。各方式ごとの支払い開始割合は上記(補償割合)のとおりです。

損害割合 20 30 40 50 60 70 80 90 100
支払割合 半相殺方式 一般・短縮方式 - 0 14 29 43 57 71 86 100
特定危険方式 0 13 25 38 50 63 75 88 100
樹園地単位方式 一般・短縮方式 - - 0 17 33 50 67 83 100

樹体共済

共済金=損害額×付保割合

パンフレット

果樹共済[PDF:1.4MB]

ページトップ