NOSAI制度のご案内

家畜共済

安心のネットワーク NOSAI

牛・豚の診療費や、死亡または廃用によって農家が損害を受けたときに、その損害に対して共済金を支払います。

加入対象家畜

乳牛・肉牛 出生後第4月の末日を経過したもの
(ただし、出生後第4月の末日を経過しない子牛及び授精等後240日以上の胎児を対象とすることができます)
種豚 出生後第5月の末日を経過してから
肉豚 出生後20日(離乳していないものは離乳した日)を経過してから

補償内容

ア.加入家畜の共済価額(評価額)に対して、共済金額(補償額)を設定できます。共済価額に対する共済金額の割合を付保割合といいます。
付保割合は、20~80%の範囲で選択できます。(肉豚は、40~80%)

イ.事故除外方式の導入により補償内容が選択できます。 補償内容は、対象家畜により以下のとおりです。

加入方式 対象となる事故 対象家畜
乳用牛 肉用牛 種豚 肉豚
オールリスク型 死亡・廃用事故および病傷事故
※死亡事故のみ
事故除外
1号
火災・自然災害
特定伝染病による事故および病傷事故
事故除外
2号
火災・自然災害・特定伝染病による事故
事故除外
3号
死亡・行方不明による廃用事故
および病傷事故
事故除外
4号
死亡・行方不明による廃用事故
事故除外
5号
死亡・廃用事故  
 事故除外
6号
 火災・自然災害・特定伝染病による死亡事故        ○

<注1>特定伝染病は、法定伝染病と届出伝染病をいう。

<注2> 肉豚については、死亡事故のみが対象で、事故除外方式に係る届出伝染病の補償は豚エンテロウイルス性脳脊髄炎・ニパウイルス感染症に限る。

掛金は

家畜の種類ごとに、掛金率が異なります。掛金には、国庫負担があるので、農家掛金は軽減されます。
農家負担共済掛金=共済金額(補償額)×共済掛金率―国庫負担掛金

種類
国庫負担割合 50% 40%

事故除外方式を選択した場合は、事故除外された部分の掛金が割引され農家負担掛金は安くなります。

被害が発生した場合

家畜の死亡・廃用・疾病・傷害が発生したときは、すぐに組合(家畜診療所)へ連絡のうえ、獣医師の診断を受けることとなります。
※家畜の導入などの共済責任開始日から2週間以内(待機間中)に発生した死廃事故及び病傷事故は、原則として、共済金が請求できません。
  しかし、事故原因が明らかなケースは、共済金が請求できる場合があります。

共済金(病傷事故)の支払い

給付限度額の範囲内で診療点数により算出された額。
※初診料は対象となりません。

共済金(死亡及び廃用)の支払い

共済金 = (事故家畜の価額 - 残存物価額等) × 共済金額 / 共済価額

※過去に事故が多かった場合は、支払限度額が設定されます。

こんな時はご連絡ください

・ 家畜を導入、譲渡したとき

・ 出生したとき

・加入資格に達したとき

・ 対象事故が発生したとき

※異動の連絡をしていない家畜が事故にあった場合には、共済金のお支払いができない場合があります。

ページトップ